【学生借金】親にバレないで解決する方法

MENU

学生の任意整理

 

任意整理には、メリットだけでなくデメリットがありますので、確認しておきましょう。

 

 

任意整理のメリット

 

保証人がついている借金や、会社からの借金を整理の対象から外し、生活に支障が出ないよう調整することができます。

 

自己破産、民事再生と違い、書類収集申立書作成をする必要がなく手続きが簡単です。ご依頼いただいた後は、司法書士が貸金業者との交渉をすすめていきます。官報にも載りません。

 

自己破産とは違い、資産を処分されたり、資格制限による職業上の制限もありません。

 

残金がある場合、司法書士が介入することによって、支払いが滞納している部分も含めて督促がとまります。

 

 

任意整理のデメリット

 

利息制限法所定の利息への引き直しによる借金の減額にとどまるため、借入期間が短い場合、民事再生、自己破産に比べ、大きく減額されません。その結果月々の返済金額が、大きくなることが予想されます。

 

  ※将来利息をカットしますので、今までのように利息が発生するため、なかなか借金が減額されないということにはなりません。

 

貸金業者によっては、和解交渉に時間を要する場合もあります。

 

他の債務整理の手続きと同様、信用情報機関に事故情報として登録されますので、5年から7年程の間、新たな借入をしたりカードを作ったりすることができません。

 

 

まずは、返済方法やその期日をシミュレーションしてみてください。
なからず、解決策は見つかります。

 

 

街角法律相談所なら、無料でしかも匿名で相談依頼が出来ます。
また、借金返済のシミュレーションもしてもらえるので、そこから始めましょう。

 

 

 

学生の借金解決方法